ラグビー浅原選手ひかれる 府中市の路上で、軽傷

  • LINEで送る

 ラグビーの日本代表経験者で、トップリーグの東芝に所属する浅原拓真選手(31)が23日未明、酒を飲んで路上に横たわっていた際、車にひかれて擦り傷などの軽いけがを負っていたことが25日、警視庁府中署への取材で分かった。

 府中署によると、浅原選手は酒に酔って東京都府中市内の路上に寝ていた。その際、路肩に駐車していた車が浅原選手に気付かず発進し、体の一部をひいたという。同署が詳しい状況を調べる。