NY株、一時150ドル超高 貿易摩擦の懸念和らぐ

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだことから続伸し、前日からの上げ幅が一時150ドルを超えた。貿易摩擦の影響を受けやすいとされる建設機械のキャタピラーなどが相場全体を押し上げた。

 午前10時現在は前日比132・98ドル高の2万6379・94ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は11・40ポイント安の7944・71だった。