女子テニス、大坂が初戦快勝 準々決勝へ、東レ・パンパシ

  • LINEで送る

シングルス2回戦でリターンする大坂なおみ=アリーナ立川立飛

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第3日は19日、アリーナ立川立飛で行われ、全米オープンで初優勝した20歳の大坂なおみ(日清食品)が初戦のシングルス2回戦で世界ランキング30位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)に6―2、6―1で快勝し、準々決勝に進出した。

 ダブルス1回戦で加藤未唯(ザイマックス)二宮真琴(橋本総業)組は小堀桃子(橋本総業)清水綾乃(Club MASA)組を6―4、6―3で下して準々決勝に進んだ。青山修子(近藤乳業)段瑩瑩(中国)組は敗退した。