天皇陛下、在位中最後の稲刈り 皇居の田んぼで

  • LINEで送る

皇居内の田んぼで稲刈りをされる天皇陛下=12日午後、皇居(宮内庁提供)

 天皇陛下は12日午後、皇居・生物学研究所の隣にある田んぼで、恒例の稲刈りをされた。皇居内での稲作は、昭和天皇から引き継いだ行事。来年4月末に退位する陛下にとって、在位中最後の稲刈りとなった。

 刈り取った稲は、陛下自ら種もみをまき、田植えをしたもの。陛下は鎌を片手に、手際よく稲を刈り取った。

 収穫したのは、もち米のマンゲツモチとうるち米のニホンマサリの計100株。残りも後日、陛下が刈り取る。宮内庁によると、今夏の猛暑による稲への影響はなく、作柄は平年並みだという。

 収穫した米は、在位中最後となる今年11月の宮中の神事「新嘗祭」などで使われる。