企業の景況感、2四半期ぶり上昇 7〜9月、設備投資好調

  • LINEで送る

 財務省と内閣府が12日発表した7〜9月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がプラス3・8となり、2四半期ぶりの上昇となった。国内外の堅調な経済を背景に設備投資が好調で、製造業を中心とした景況感の底堅さが裏付けられた。

 西日本豪雨で中国や四国地方は生産停止や物流停滞などが発生したが、財務省の担当者は「全体への影響は限られた」と説明した。

 見通しは10〜12月期がプラス7・6、来年1〜3月期はプラス5・8を見込む。米中貿易摩擦の影響を懸念する声はあまりなかったという。

 7〜9月期の中堅企業のBSIは全産業でプラス2・2だった。