アフガン、自爆テロで20人死亡 警察に対する抗議活動中

  • LINEで送る

 【カブール共同】アフガニスタン東部ナンガルハル州で11日、自爆テロがあり、AP通信によると少なくとも20人が死亡した。現場には地元警察に対する抗議活動のため、多くの人が集まっていた。犯行声明は確認されていない。

 APなどによると、同州の州都ジャララバードと隣国パキスタンを結ぶ幹線道路の近くで、市民らが抗議集会を開いていた際、男が自爆した。

 アフガンでは10月に下院選が予定されているが、治安の悪化により、計画通り選挙が実施できるか懸念が高まっている。同州では反政府武装勢力タリバンに加え、過激派組織「イスラム国」(IS)が活発に活動している。