計画停電回避へ節電継続、北海道 経産相と知事が一致

  • LINEで送る

世耕経産相(左)に要望書を手渡す北海道の高橋はるみ知事=11日午後、北海道庁

 北海道南西部の地震で電力供給力が不足している問題で、世耕弘成経済産業相は11日午後、北海道の高橋はるみ知事と北海道庁で会談した。両氏は地域を区切って電力供給を順番に止める計画停電回避へ、2割の節電を継続することで一致した。世耕氏は会談後に道庁で記者会見し、全域の一時停電について「二度とこうした事態が起きないよう取り組む」と述べ、原因の検証と再発防止に全力を尽くす考えを示した。

 世耕氏は北海道電力の揚水式の水力発電、京極発電所1号機(京極町)の稼働予定が前倒しされ、13日に運転を始めると明らかにした。