奈良の商店街暴走で書類送検 軽乗用車の男、県警

  • LINEで送る

 奈良県警は11日、パトカーに追跡され逃走中に軽乗用車で奈良市中心部の商店街を暴走したとして、道交法(通行禁止など)違反の疑いで、車を運転していた池田尚記容疑者(47)を書類送検した。

 書類送検容疑は、8月1日、車が通行できない同市の近鉄奈良駅近くの商店街を暴走するなどした疑い。けが人はいなかった。

 奈良県警や、大阪市平野区であった4月のひき逃げ事件を調べていた大阪府警の捜査員が8月21日、逃走中の池田容疑者を奈良県安堵町で発見。府警は同日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕した。処分保留で釈放後、別の事件で再逮捕していた。