ルネサス、米半導体メーカー買収 7千億円で、自動運転へ注力

  • LINEで送る

記者会見するルネサスエレクトロニクスの呉文精社長=11日午前、東京都内

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは11日、米半導体メーカーのインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を買収し、完全子会社化することで合意したと発表した。取得額は約7330億円。2019年6月までの買収完了を予定している。自動運転分野などに向け、通信用半導体を強化する。

 ルネサスが買収のために設立する米子会社とIDTを合併させ、IDTの株主に合併対価を支払うことで完全子会社化する。買収資金は手元資金に加え、取引銀行から約6790億円の融資を受け調達する。

 ルネサスは旧ルネサステクノロジと、旧NECエレクトロニクスが合併して発足した。