東日本大震災から7年半 津波犠牲者しのび法要

  • LINEで送る

東日本大震災から7年半を迎え、福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で開かれた法要で手を合わせる女性=11日午前

 東日本大震災から7年半を迎えた11日、津波で甚大な被害を受けた福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で、地元の僧侶たちが法要を開いた。慰霊碑が完成した2017年3月以降、月命日に合わせて開催し、犠牲者をしのんできた。

 地区の寺院近くにある碑には、津波で命を失った約120人の名前とともに「大きな地震が来たらすぐに避難する」との教訓が刻まれている。

 区長の鈴木幸長さんは月命日に海岸近くで手を合わせてきた。各地で災害が相次いだことに「私も自分の身に降りかかると思っていなかった。大災害がいつ起きても助かるように、子どもたちにあの時のことを伝えていきたい」と語った。