NY株続落、59ドル安 ハリケーン接近に警戒感

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】週明け10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比59・47ドル安の2万5857・07ドルで取引を終えた。勢力を増したハリケーンの米南東部接近で、収益悪化が警戒された保険株が下落し、相場を押し下げた。

 IT大手のアップルは米中貿易摩擦の影響が懸念され、軟調だった。同社は前週、米政権が検討している中国製品への追加関税の対象品目に、腕時計型端末などが含まれ、米国での値上げの可能性があることを明らかにした。