金氏、見返りの米行動待ち 会談のロ上院議長

  • LINEで送る

 【モスクワ共同】ロシアメディアによると、同国のマトビエンコ上院議長は10日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、非核化に向けた行動の見返りに期待した制裁緩和が実行されないため米国が相応の行動を取ることを待っている、と述べた。8日に平壌で金氏と会談。10日の帰国直後に語った。

 マトビエンコ氏は「金氏は相手を尊重した交渉の用意があるが、見返りがない一方的な行動は取らないだろう」と語った。氏によると、金氏は米朝首脳会談を「成功だった」と評価。北朝鮮は会談結果に基づき核・ミサイル実験停止などの義務を果たしているのに米国から見返りがないと考えているという。