金正恩氏、米に合意進展訴え 中国序列3位と会談

  • LINEで送る

 【北京共同】中国国営中央テレビによると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は9日、訪朝した中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)と平壌市内で会談した。金氏は北朝鮮が6月の米朝首脳会談での合意実現へ尽力していると強調し「朝鮮半島問題の政治解決」を共に進展させるよう米側に呼び掛けた。

 栗氏は朝鮮半島の非核化交渉に積極的に関与する意欲を示した。

 金氏は国際情勢が変化しても「北朝鮮と中国の友好を堅持する」と述べ、経済など各分野での協力を拡大させたいとした。

 栗氏は習近平国家主席の親書を手渡した。