サッカー代表コスタリカ戦へ調整 大阪入り後の初練習

  • LINEで送る

コスタリカ戦に向けて調整する堂安。左はGK東口=大阪府内

 サッカー日本代表は9日、コスタリカとの国際親善試合(11日・パナソニックスタジアム吹田)が行われる大阪入り後の初練習をし、冒頭以外を非公開として攻守の戦術を確認した。4バックを試したもようで、主力組の攻撃陣には堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)らが入ったとみられる。

 北海道で発生した地震の影響で、7日に札幌ドームで開催される予定だったチリとの親善試合が中止となったため、コスタリカ戦が森保監督就任後の初戦となる。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が55位で、コスタリカは32位。過去の対戦成績は日本の2勝1分け。