近畿中心に猛烈な雨、気象庁 北海道はピーク過ぎる

  • LINEで送る

 日本付近に停滞する前線の影響で、8日は近畿を中心に猛烈な雨が降った。気象庁は、関東から九州は10日にかけて大気の不安定な状況が続き大雨になるとして、土砂災害への厳重な警戒を求めた。北海道の大雨はピークを過ぎたが、地震で激しく揺れた地域では引き続き注意が必要だ。

 気象庁によると、気象レーダーの解析で8日未明、京都市や兵庫県猪名川町などでは1時間に90〜110ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して警戒を求めた。

 前線は10日にかけて日本付近に停滞する。天気が急変し、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうの恐れもある。