NY株、3日ぶり下落 貿易摩擦への懸念再燃

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、貿易摩擦への懸念が再燃して3日ぶりに下落し、前日比79・33ドル安の2万5916・54ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・19ポイント安の7902・54。

 朝方発表された8月の米雇用統計で、非農業部門の就業者数などが市場予想を上回った。米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げへの懸念が広がり、取引開始直後から売り注文が優勢となった。