ケニア、中国記者を一時拘束 背景に影響拡大への不信感か

  • LINEで送る

 【北京共同】ケニアの警察当局が同国駐在の中国国営テレビの中国人記者らを拘束し、中国政府が7日までに抗議した。不法滞在取り締まりの一環だったが、ケニア側は抗議を受けて釈放。経済力をてこにアフリカで影響力を増す中国人の素行への不信感が背景にあるとの指摘もある。

 中国では4日まで「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合が開かれ、国営テレビは中国とアフリカの友好を大々的に宣伝。中国当局は今回の関連報道を規制している。

 中国メディアや関係者によると、ケニア当局は5日、首都ナイロビにある中国国営中央テレビの国際部門の事務所で中国人記者らを不法入国の疑いで拘束した。