関空、国内線の一部、7日再開 ピーチと日航計19便運航へ

  • LINEで送る

台風21号による高潮で浸水し、誘導路などに水が残る関西空港。手前はタンカーが衝突した連絡橋=5日午後(共同通信社機から)

 台風21号の影響による滑走路閉鎖が続く関西空港で7日、国内線の運航が一部再開する。運営会社の関西エアポートが6日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション17便と日本航空2便の運航を再開すると発表した。

 ピーチが仙台、新潟、長崎、鹿児島、那覇便などで、日航は羽田便。

 一方、全日空とスターフライヤーは6日、関空発着の国内線について9日まで全便を欠航するとし、ジェットスター・ジャパンも7日の全便欠航を決定。運航再開は当面は限定的になる。国際線再開は見通しが立っていない。