米国とインド、初の2プラス2 中国けん制へ連携強化

  • LINEで送る

米印の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に出席した(左から)米国のマティス国防長官、ポンペオ国務長官、インドのスワラジ外相、シタラマン国防相=6日、ニューデリー(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】米国とインドは6日、インドの首都ニューデリーで初の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開催した。インド太平洋地域で影響力を拡大する中国をにらみ、海洋安全保障や通商分野での連携強化を目指す。対中関係などを巡って温度差を抱える両国が、踏み込んだ協力を打ち出せるかが焦点。

 協議には米国からポンペオ国務長官、マティス国防長官が、インド側からはスワラジ外相とシタラマン国防相が出席。

 両国は軍事情報の共有を可能にする「通信互換性保護協定」の締結を目指す。インド洋沿岸国に中国が経済支援を加速させる中、インフラ整備などで米印協力も課題となる。