東証続落、終値92円安 5日連続、北海道の地震を懸念

  • LINEで送る

東京証券取引所

 6日の東京株式市場は、北海道で発生した地震の経済への悪影響懸念などから売りが優勢で、日経平均株価(225種)は5営業日続落した。

 終値は前日比92円89銭安の2万2487円94銭。東証株価指数(TOPIX)は12・55ポイント安の1692・41。出来高は約12億8036万株だった。