DM汚職で元郵便部長に有罪判決 横浜地裁

  • LINEで送る

 ダイレクトメール(DM)発送を巡る郵便汚職事件で、日本郵便会社法違反(加重収賄)と背任の罪に問われた横浜市の青葉郵便局の元郵便部長長谷川彰被告(52)に横浜地裁は6日、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決理由で渡辺英敬裁判長は「郵便事業という、公共性の高い職務の公正を大きく害し、相当強い非難に値する」と指摘。一方で、被告が反省の態度を示し、背任の被害額の弁済を始めているとして、執行猶予付き判決とした。