北海道で震度6強 土砂崩れ、32人不明

  • LINEで送る

地震による土砂崩れで倒壊した家屋=6日午前8時13分、北海道厚真町(共同通信社機から)

 6日午前3時8分ごろ北海道で、震度6強の地震があった。道警などによると、厚真町や安平町では土砂崩れや家屋倒壊などの大規模な被害が出ている。厚真町では32人が安否不明となっている。共同通信のまとめでは、札幌や苫小牧など5市で計110人が重軽傷を負った。道内全ての約295万戸が停電した。

 気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ。安平町で震度6強、千歳市で6弱、札幌市で5強を観測した。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。その後も震度3や4の地震が続いた。津波はなかった。