幅広い世代におつまみを 女性に人気の専門店

  • LINEで送る

内装も商品のパッケージもおしゃれな珍味の専門店「ホタルノヒカリ」=東京都港区

 おつまみはおじさんだけのものじゃない―。そんなスローガンを掲げる珍味の専門店「ホタルノヒカリ」(東京都港区)が、若い女性を中心に人気を集めている。8月には大阪・梅田に2号店がオープン。代表の中川雅喜さんは「日本にはおいしい珍味がたくさんある。幅広い世代に届けたい」と話す。

 セレクトショップを思わせるおしゃれな店内に、シンプルな正方形のパッケージに入ったさきいかやジャーキー、ナッツなどが並ぶ。「今までの珍味のパッケージは、極太の毛筆で『鮭とば』とか書いてあるイメージ。いかにもおじさん向けで、女性は敬遠してしまう」と中川さん。

 “オヤジくさい”イメージを覆すため、商品名にも工夫を凝らした。看板商品であるホタルイカの丸干しは「ホタルノヒカリ」。わさび風味のジャイアントコーンは「侘WABI・寂SABI」。しゃれのきいたネーミングには「会話のきっかけにして、楽しい時間を過ごしてほしい」との思いも込めている。

 おつまみメーカーで長年、営業や商品開発に携わっていた中川さん。珍味のおいしさを広めたい、と試行錯誤を重ねるうちに「まず見た目から」という結論にたどり着いた。「手に取ってもらえれば、おいしさは必ず伝わる」。開店から約3年、熱心なリピーターも増えているという。中川さんは「いずれは海外展開も」と意気込んだ。