同性愛行為でむち打ち刑 マレーシア、女性2人に

  • LINEで送る

 【シンガポール共同】マレーシア北部トレンガヌ州のイスラム法廷は3日、同性愛行為をしたとして有罪判決を受けたイスラム教徒の女性2人にむち打ち刑を実施した。地元紙スターが報じた。

 同紙によると、2人は8月12日に罰金3300リンギット(約9万円)と6回のむち打ち刑を言い渡された。法廷では約150人の関係者の前でむち打ち刑を受けた。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは3日、「マレーシアで性的少数者(LGBT)が直面する差別の根深さを痛感させるひどい出来事だ」と批判する声明を発表。LGBTを犯罪化する法律などを撤廃するよう求めた。