辺野古移設の是非明記せず 沖縄知事選で政権支援側

  • LINEで送る

沖縄県知事選を前に街頭演説する自由党衆院議員の玉城デニー氏=3日午後、那覇市

 沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)で安倍政権の支援を受け、立候補を表明している前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=は3日、那覇市で記者会見し、公約を発表した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)について「一日も早い返還を実現し、日米地位協定の改定を求める」としたが、名護市辺野古移設の是非については明記しなかった。

 理由として、県が8月末に辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回し、政府が法的対抗措置を取る構えを示していることを挙げ「法律的にどうなるのか、注視しなければいけない」と説明した。

 地位協定改定については「県民の悲願だ」と意欲を示した。