アジア大会閉幕へ 日本、史上2位の「金」75個

  • LINEで送る

トライアスロンの混合リレーで金メダルを獲得した(左から)佐藤優香、古谷純平、高橋侑子、細田雄一=パレンバン(共同)

 ジャカルタ・アジア大会最終日(2日)大会最後の種目、トライアスロンの混合リレーで日本が2連覇を達成し、今大会の全3種目を制した。

 日本のメダル数は金75、銀56、銅74の計205で、金メダルは1966年バンコク大会の78個に次いで史上単独2位の獲得数となった。

 夜の閉会式で大会は幕を閉じる。(共同)