米司法長官、中間選挙まで留任? 大統領、与党反発に配慮か

  • LINEで送る

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ通信のインタビューで、解任観測が出ていたセッションズ司法長官について、少なくとも11月の中間選挙まで留任させる考えを示した。中間選挙後の処遇はコメントしなかった。

 トランプ氏は、ロシア疑惑の捜査を監督できないセッションズ氏の解任を強く望んでいると報じられている。ただ与党共和党からは中間選挙までは控えるよう求める声が出ており、配慮した可能性がある。

 トランプ氏はインタビューで「彼に素晴らしい仕事をしてもらいたいと心から思っているだけだ」と述べた。