ア大会、陸上で小池と山本が優勝 スケボは10代が金三つ

  • LINEで送る

男子棒高跳び 5メートル70をクリアし、空中でガッツポーズする山本聖途=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第12日(29日)陸上男子で200メートルの小池祐貴と棒高跳びの山本聖途が勝ち、ともに日本勢3大会ぶりの金メダルを獲得した。

 スケートボードで、パーク男子の笹岡建介と女子の四十住さくら、男子ストリートの池慧野巨の10代3人が優勝した。

 柔道は女子52キロ級の角田夏実が金メダル。

 サッカー男子の日本は準決勝でアラブ首長国連邦(UAE)を1―0で下し、韓国との決勝に進んだ。

 自転車女子オムニアムで梶原悠未が優勝。ソフトテニス女子の高橋乃綾が日本選手のシングルス初優勝。パラグライディングの男子クロスカントリー団体で日本が優勝した。(共同)