日韓航路、新型高速船の名前決定 クイーンビートル、20年就航

  • LINEで送る

JR九州高速船の新型船「クイーンビートル」の外観イメージ(同社提供)

 福岡と韓国・釜山を結ぶ高速船を運航するJR九州高速船(福岡市)は27日、2020年7月に就航予定の新型船の名称を「クイーンビートル」とすると発表した。展望デッキやカフェを備え、豪華客船のように船旅を楽しめるといい、現在運航する「ビートル」に女王の名を加えた。

 赤色の船体が特徴で、豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治さんがデザインした。船内には免税店や子どもが遊べる部屋もあるほか、インテリアには木材を使う計画だ。