大谷、28日に3度目実戦形式 メジャー復帰へ最終登板か

  • LINEで送る

キャッチボールで調整するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)は27日(日本時間28日)に本拠地アナハイムで行われるロッキーズ戦の前に、右肘故障後3度目となる打者を相手にした実戦形式の登板に臨む。

 これまでと同じく非公開で、3イニングで45〜50球が予定されている。経過が順調なら、これが最後の実戦形式となり、9月上旬に6月6日以来のメジャー登板に臨む可能性がある。

 投打の「二刀流」の大谷は既に主力打者になっており、ソーシア監督はマイナーで登板せず、チームに同行しながら実戦形式の登板を重ねて投手復帰する方針を示している。