イラン西部でM6・0 1人死亡、50人超負傷

  • LINEで送る

 【テヘラン共同】米地質調査所(USGS)によると、イラン西部のイラク国境近くで26日午前2時43分(日本時間同7時13分)ごろ、マグニチュード(M)6・0の地震が起きた。地元メディアは1人が死亡、50人以上が負傷したと報じた。

 震源はイラン西部ケルマンシャーの西北西82キロ、震源の深さは10キロ。

 イランは世界有数の地震国で、昨年11月12日にも西部のイラク国境付近で地震が起き、両国で約630人が死亡した。