藤井七段、高校生プロ貫禄示す 里見女流との公式戦初対決

  • LINEで送る

第90期棋聖戦1次予選で里見香奈女流四冠(左)を破った藤井聡太七段=24日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の藤井聡太七段(16)は24日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第90期棋聖戦1次予選で女流の第一人者、里見香奈四冠(26)を破った。両者は公式戦初対決で注目されたが、最年少記録を次々と塗り替える高校生プロが貫禄を示した。

 2人はプロ棋士養成機関の奨励会三段時代に1度対戦し、その時は藤井七段が勝利した。今回の対局は藤井七段の後手番。中盤までは里見四冠の得意とする中飛車戦法に苦しめられたが、持ち前の深い読みで逆転、82手までで制した。