オーストラリア首相辞任へ 与党が党首選実施

  • LINEで送る

キャンベラで開かれたオーストラリアの自由党党首選に出席するモリソン財務相(手前)=24日(ロイター=共同)

 【シドニー共同】オーストラリアの複数のメディアによると、与党自由党は24日、ターンブル首相に代わる新たな党首選を実施し、モリソン財務相(50)を選んだ。ターンブル氏は近く首相を辞任し、モリソン氏が後継首相に就任する見通しとなった。

 党内では「ターンブル氏では来年5月までに行われる総選挙で勝てない」との見方が支配的になり、閣僚らから辞任圧力が強まっていた。ターンブル氏は21日の党首選でダットン前内相に勝利し、首相続投を決めたばかりだった。

 オーストラリアでは2010年以降、総選挙や与党内の政争で首相が4回も入れ替わった。