アジア系映画に続編計画 米ハリウッド、大ヒット

  • LINEで送る

米国で大ヒットを記録している恋愛コメディー映画「クレイジー・リッチ!」の原作シリーズ(共同)

 【ロサンゼルス共同】米国でアジア系の俳優やスタッフが中心となって製作し、大ヒットしている恋愛コメディー映画「クレイジー・リッチ!」(日本公開は9月28日)の続編が計画されていることが23日までに明らかになった。米映画誌ハリウッド・リポーターなどが伝えた。

 原作は、シンガポール出身の作家ケビン・クワン氏による世界的ベストセラー3部作の1作目。報道によると続編は2作目となる見込みで、1作目同様、ジョン・M・チュウ監督が手掛けるという。公開時期は未定。

 主要キャストをアジア系で固めたハリウッド映画は1993年の「ジョイ・ラック・クラブ」以来25年ぶりという。