民間宇宙飛行を年内にも、米 ベンチャー2社競う

  • LINEで送る

滑空する米ヴァージンギャラクティックの宇宙船「スペースシップ2」=5月(同社提供)

 民間宇宙旅行の実現を目指す米宇宙ベンチャー2社が、早ければ今年中に初の有人飛行に挑む意欲を示している。米航空宇宙局(NASA)が民間と進める国際宇宙ステーション向け宇宙船開発がもたつくのとは対照的で、純粋な民間企業による有人飛行が一足先に実現する可能性がある。

 開発段階で死亡事故も起きており安全確保が大前提だが、お金さえあれば誰でも宇宙に行けるようになるかもしれない。

 順調に進んでいるのが、6人乗りのカプセル型宇宙船で高度100キロ超の宇宙まで垂直上昇する、ブルーオリジン社の有人飛行システム「ニューシェパード」だ。