作業員にプルトニウム付着、茨城 あごに5ベクレル、健康影響なし

  • LINEで送る

 日本原子力研究開発機構の核燃料サイクル工学研究所(茨城県東海村)で6日、作業員1人にプルトニウムが付着する汚染事故があったことが23日、原子力規制委員会などへの取材で分かった。汚染検査でプルトニウムが作業員のあごから5ベクレル、作業着のひざから33ベクレルそれぞれ検出された。既に除染し、健康に影響はないという。内部被ばくもなかったとしている。

 機構を巡っては、昨年6月にも大洗研究所(茨城県大洗町、旧大洗研究開発センター)でも作業員5人が内部被ばくした事故が発生しており、管理体制の不備が厳しく問われそうだ。