俳優の菅井きんさん死去 名脇役として親しまれる

  • LINEで送る

死去した菅井きんさん

 時代劇「必殺」シリーズなど、テレビや映画の名脇役として親しまれた俳優の菅井きん(すがい・きん、本名佐藤キミ子=さとう・きみこ)さんが10日午後2時、心不全のため東京都内の自宅で死去した。92歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は娘婿の三上登(みかみ・のぼる)氏。

 庶民の味を出せる貴重な脇役として活躍し、黒沢明監督の「生きる」「赤ひげ」など数多くの映画に出演。「必殺」シリーズの「必殺仕事人」では、藤田まことさんが演じる中村主水のしゅうとめを演じ「婿殿!」のせりふで人気を得た。