JR北海道支援を―石破氏 本州3社や地方交付税

  • LINEで送る

 自民党総裁選に立候補を表明した石破茂元幹事長は22日、北海道幕別町で講演し、経営難のJR北海道に対する支援強化の必要性を指摘した。「JR東海や東日本、西日本が支援する枠組みができないか。地方交付税での支援ができないか」と述べた。石破氏は総裁選に向けた地方行脚の一環で北海道十勝地方を訪れ、農業関連施設などを視察した。

 講演では、JR北海道が人口密度の低い広大な地域で鉄道を運行しているとして「ものすごいハンディを負っている」と強調。トラックのドライバー不足にも触れ「北海道の農産品を新鮮な状態で全国に出荷する上でJR北海道の果たす役割は大きい」と語った。