日本・スリランカ防衛相が会談 海洋の安保協力強化目指す

  • LINEで送る

スリランカのウィジェワルダナ国防担当相(左端)と会談する小野寺防衛相(右端)=21日、コロンボ(共同)

 【コロンボ共同】スリランカを訪問中の小野寺五典防衛相は21日(日本時間同)、ウィジェワルダナ国防担当相と国防省で会談した。中東やアフリカと日本を結ぶシーレーン(海上交通路)の要衝であるスリランカとの海洋における安全保障協力を強化し、インド洋への進出を強める中国をけん制したい考えだ。

 日本とスリランカの防衛相の会談は初めて。

 スリランカでは昨年、中国系企業にハンバントータ港の権益の大部分を貸与することで合意。日本は中国による拠点化ににらみを利かせるため、海上自衛隊艦艇の寄港を積極的に進めている。

 小野寺氏はインドを訪問後、20日夜にスリランカ入りした。