先週の熱中症搬送3669人 前週から半減、累計で8万人

  • LINEで送る

 総務省消防庁は21日、熱中症のため13〜19日の1週間に全国で3669人が救急搬送されたとの速報値を発表した。前週(6〜12日)の7079人からほぼ半減し、死者はいなかった。4月30日からの累計搬送者数は8万2014人となった。

 今月17日には35度以上の猛暑日となった地点が40日ぶりにゼロとなるなど、厳しい暑さが一段落した影響とみられる。

 1週間の搬送者数を都道府県別に見ると、東京の291人が最多で、大阪259人、埼玉240人、福岡203人の順。65歳以上が全体の55・4%を占めた。