京大、iPS血小板臨床研究申請 厚労省の承認求め

  • LINEで送る

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、血液成分の一つで止血作用のある血小板を作り、血小板などが減少する再生不良性貧血の患者に輸血する臨床研究の実施を、京都大の江藤浩之教授らのチームが厚生労働省に申請したことが19日、分かった。学内審査で了承を得ており、今後、厚労省で承認されれば臨床研究を始める。チームは近く計画を発表する。

 iPS細胞は、世界初の臨床研究が網膜で実施され、心臓病やパーキンソン病でも研究が進んでいる。

 関係者によると、患者のiPS細胞から同様の手法で血小板を作製、本人に輸血し、安全性や有効性を確かめる計画。