気象庁、緊急地震速報で誤発表 フィジー沖の揺れ検知の影響

  • LINEで送る

 気象庁は19日、同日午前9時29分に千葉県の房総半島南東沖を震源とする地震で最大震度4の揺れが予測されるとの緊急地震速報を出したが、実際には震度1以上の地震は発生しなかったと発表した。約10分前に起きたフィジー沖を震源とするマグニチュード(M)8・2の地震による揺れを検知した影響という。

 気象庁によると、三宅島で最大震度4を予想する緊急地震速報を出し、一部のスマートフォン用アプリでも関東地方や東海地方で予想震度3などと配信された。

 システムの不具合はないといい、気象庁は「遠い場所で発生した地震の識別方法の改善など、精度向上に努める」としている。