総裁選、安倍・石破氏一騎打ちへ 午前10時から受け付け開始

  • LINEで送る

安倍晋三首相(左)、自民党の石破茂元幹事長

 自民党総裁選は7日、告示日を迎え、連続3選を目指す安倍晋三首相=総裁=(63)と、3度目の挑戦となる石破茂元幹事長(61)の2人が立候補を届け出る。一騎打ちとなり、2012年以来の選挙戦となる。北海道で震度7を観測した地震を受け、両陣営は出陣式を含めた選挙活動を9日まで自粛し、論戦のスタートは先送りとなった。国会議員票(405票)と党員・党友の地方票(同)が20日開票され、次期総裁が選出される。

 首相は党所属国会議員の8割以上の支持を集め、優位に立つ。追う石破氏は政権批判票の取り込みを狙う。

 総裁選の立候補受け付けは7日午前10時から党本部で開始する。