俳句甲子園、開成高など決勝へ 松山で19日に日本一決まる

  • LINEで送る

「俳句甲子園」で私立洛南高Aチーム(左)と対戦する私立開成高=18日午後、松山市

 松山市で開幕した第21回「俳句甲子園」の全国大会は18日、予選が終了し、3連覇を狙う私立開成高(東京都)と、岡山県立岡山朝日高、山口県立徳山高、私立済美平成中等教育学校(愛媛県)の4チームが決勝リーグ進出を決めた。

 俳句甲子園は高校生が5人一組で俳句の出来栄えや鑑賞力を競い、審査員が勝敗を決める。20都府県から、地方大会を勝ち抜いた26チームと、俳句を応募して選ばれた6チームの計32チームが参加した。

 19日は敗者復活戦で選ばれる2チームを加え、計6チームが日本一を目指す。