関西空港、帰国ピーク 「現地グルメを満喫」

  • LINEで送る

帰国ラッシュのピークを迎え、混雑する関西空港の国際線到着ロビー=16日午後

 海外で夏休みを過ごした旅行客らの帰国ラッシュが16日、関西空港でピークを迎えた。国際線の到着ロビーは大きなキャリーケースを引く家族連れらでにぎわい「現地のグルメを楽しめた」と充実した様子だった。

 韓国・ソウルに母親と6日間滞在した大阪府高槻市の高校2年岡本瑠花さん(16)は「本場の韓国料理は辛くておいしかった。お土産のゆず茶を友達に配りたい」と笑顔。

 関西エアポートによると、この日は国際線の到着便だけで3万8500人を見込み、ラッシュは19日まで続く見通し。