群馬ヘリ墜落、全員の死因が判明 外傷性ショック

  • LINEで送る

 群馬県の防災ヘリコプターが墜落し9人が死亡した事故で、県警は15日、機長で操縦士の天海紀幸さん(57)=前橋市、整備士沢口進さん(60)=同県伊勢崎市=の死因が全身を打ったことによる外傷性ショックと発表した。これにより、搭乗者全員の死因が外傷性ショックと判明した。

 天海さんと沢口さんは、県がヘリの運航や整備を委託している東邦航空社員で、県防災航空隊員として勤務していた。

 県警は今後、業務上過失致死容疑を視野に事故原因を捜査する。