京都・大谷祖廟で万灯会始まる 先祖しのぶ1万の明かり

  • LINEで送る

東本願寺・大谷祖廟で始まった盆の風物詩「万灯会」=14日夕、京都市

 墓前につるした約1万個のちょうちんをともす京都の盆の風物詩「万灯会」が14日、京都市東山区の東本願寺・大谷祖廟で始まった。お参りに訪れた家族連れは静かに手を合わせ、先祖をしのんだ。

 午後6時ごろ明かりがともり始め、市街地を見下ろす墓地は温かい光に包まれた。今年は、一部に発光ダイオード(LED)の電球を使用し、ソーラーパネルで発電した電気で点灯させた。

 真夏の暑い時期、涼しい夜にお参りができるよう、境内に参拝者の足元を照らすちょうちんをともしたことが始まり。16日までの3日間で、約5万人の参拝を見込んでいる。