みこしのアーチ組み上がる 静岡・下田の太鼓祭り

  • LINEで送る

「太鼓祭り」の愛称で知られる下田八幡神社例大祭が始まり、アーチ状に組み上がった「太鼓橋」=14日、静岡県下田市

 静岡県下田市に約400年前から伝わり、「太鼓祭り」の愛称で知られる下田八幡神社例大祭が14日、始まった。小さなみこし11基を連ねた「太鼓橋」がアーチ状に組み上がると、歓声と拍手が一斉に湧き起こった。

 軽快なおはやしとともに、肉じゅばん姿の若衆が太鼓橋を担ぎ、「ほりゃ、ほりゃ」と掛け声を上げながら市街地を巡行。みこしや太鼓台もこれに続いた。

 太鼓祭りは江戸時代初期の下田奉行・今村伝四郎正長が人心を一つにするために始めたと言われる。祭りは15日まで。