環境省、放射性物質の汚染土紛失 11年に宅配後保管

  • LINEで送る

環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関

 環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で保管中の放射性物質で汚染されたとみられる土を紛失したと発表した。誤廃棄した可能性があるいう。汚染土の放射性物質の濃度は低く、健康への影響は考えにくいレベルとみられる。

 環境省によると、最近、保管状況を調べようとしたが見つからず、紛失に気付いた。備品の整理をした際、誤って一緒に捨てた可能性がある。

 11年11月の送付当時は、環境省官房総務課の職員が埼玉県内の自宅に持ち帰り、空き地に廃棄していた問題も発覚。すぐに回収し、省内で保管していた。