沖縄県、防衛局から聴聞 辺野古埋め立て承認、撤回へ

  • LINEで送る

沖縄県庁で実施された聴聞。左側が沖縄県、右側が防衛省沖縄防衛局=9日午後

 沖縄県は9日午後、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に向け、工事主体の防衛省沖縄防衛局から弁明を聞くため、聴聞を実施した。

 8日に死去した翁長雄志知事は、自ら承認撤回を決定したいとの意向を県幹部に伝えていた。聴聞を終え、職務代理の副知事が撤回を最終判断する見通しだ。

 県は7月31日に8月9日の聴聞実施を通知した。防衛局側は「反論書面の準備期間が必要だ」などとして9月3日以降に聴聞を延期するよう求めたが、県は拒否した。